病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
患者様相談窓口
医療機関の医療機能に関する情報
理念・基本方針
時間外診療について
調達情報
病院広報誌
ご意見箱
よくあるご質問
診療実績・臨床指標
個人情報保護方針
医療安全管理指針方針
バリアフリー情報
情報公開
感染管理指針
看護部
JCHO版病院総合意(HOSPITALIST)育成プログラム
機能評価

病理・臨床検査科

サービスの提供体制


スタッフは、非常勤医師2名、臨床検査技師11名、助手1名、パート1名(平成31年4月 現在)で構成されています。 24時間体制を実施し、昼当番、夜間・休日は待機当番制を導入し必要時いつでも検査が可能です。各部門ごとに自動分析装置、計測機器、迅速検査法、オーダリングシステムを導入して迅速検査報告体制を実施しています。

非常勤医師(病理担当)

【福井大学附属病院 病理診断科】
NoPhoto   非常勤医師  今村 好章 診療教授  イマムラ ヨシアキ
  専門  診断病理・甲状腺腫瘍病理
 診療日  隔週 木曜日
【福井大学医学部 腫瘍病理講座】
NoPhoto   非常勤医師  法木 左近 准教授  ノリキ サコン
  専門  人体病理学・分子病理学・臨床病理学
  診療日  隔週 木曜日

主な業務内容

検体検査部門は血液検査、臨床化学検査、免疫血清検査、一般検査、輸血検査、微生物検査、病理・細胞診検査を実施し、血液など生体から採取された材料を用いて検査を行っています。 生理検査部門は、生体から生ずる微弱な活動電位や、生体現象を測定機器を用いて検査(心電図・脳波・筋電図・脈波等)しています。

血液・化学検査部門


主な検査機器として全自動血球計数機、生化学自動分析装置、血糖・グリコヘモグロビン分析装置、生化学自動分析装置、全自動免疫化学測定装置を用いて血液中の赤血球、白血球、血色素を測定し貧血や血液疾患を、臨床化学検査として肝機能、腎機能、心機能、脂質、糖質、電解質、薬物血中濃度など多くの項目を測定し、迅速に報告してます。 免疫化学検査は感染症項目・腫瘍マーカー、ホルモン等の項目を測定しています。 また検査値を保証するために内部精度管理、外部精度管理を実施して高い実績を維持しています。うち2名は糖尿病療養指導士として糖尿病教室に参画しています。

 

微生物検査


微生物検査では、尿、便、痰など患者様の検体を培養し、感染症などの病気を引き起こすと考えられる細菌を特定し、どの薬が有効であるかを調べます。また、インフルエンザ、アデノ、ノロなど各種ウィルス、A群溶連菌、ピロリ菌などの迅速検査も行っています。 院内感染を防止するために、検出された微生物の集計報告や耐性菌サーベイランスを行って情報を提供しています。
PageTop