病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
患者様相談窓口
医療機関の医療機能に関する情報
理念・基本方針
時間外診療について
調達情報
病院広報誌
ご意見箱
よくあるご質問
診療実績・臨床指標
個人情報保護方針
医療安全管理指針方針
バリアフリー情報
情報公開
看護課
JCHO版病院総合意(HOSPITALIST)育成プログラム
機能評価

整形外科


整形外科は、骨・関節・筋肉・腱・靭帯・神経など体の運動に関連した部分(運動器)の疾患(変性疾患・外傷)を主に治療しています。扱う部位としては頭と顔以外の運動器を対象としています。 変性疾患とは、加齢に伴う軟骨・骨の変性が原因で生じる膝痛・腰痛などの原因となる疾患です(変形性膝関節症、変形性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎椎間板ヘルニアなど)。

外傷は、交通事故・労災事故・スポーツ外傷などに伴う骨折、靭帯断裂などを扱います。

いずれも投薬、注射、ギプス、装具、リハビリなどの保存的治療および(必要に応じて)手術治療を行っています。その他に関節痛を伴う疾患として、関節リウマチも整形外科で扱っています。内科で治療している場合と比較して、炎症のコントロールが不良な場合に関節手術を施行できる強みがあります。 また、骨を扱う診療科として骨粗鬆症の治療も積極的に行っています。

担当している主な疾患

  • 四肢骨折全般
  • 変形性関節症(膝、股、肘など)
  • 変形性脊椎症(腰部脊柱管狭窄症、頚椎症性脊髄症、腰椎椎間板ヘルニアなど)
  • スポーツ外傷(前十字靭帯断裂、足関節捻挫など)
  • 関節リウマチ
  • 痛風
  • 骨粗鬆症

医師紹介

副院長北野 慎治きたの しんじ
専門
整形外科一般、骨軟部腫瘍
卒業大学
金沢大学医学部
卒業年次
平成4年
資格
医学博士
日本整形外科学会 整形外科専門医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
日本整形外科学会 認定スポーツ医
taninaka_Dr
整形外科医員谷中 惇たになか あつし
専門
整形外科一般
卒業大学
金沢大学医薬保健学域医学類
卒業年次
平成27年

検査・治療の特徴

変性疾患に対しては、安易に手術にはしることなく、十分に保存的な治療を行っています。これらの治療に対して抵抗性の場合には、適応を十分に考えて手術治療を選択しています(腰部脊柱管狭窄症に対する脊椎除圧・固定手術、椎間板ヘルニアに対する内視鏡下ヘルニア切除術、変形性関節症に対する人工関節置換術など)。

外傷性疾患に対しては、主に手術治療となる場合が多いのですが、患者様・ご家族の意見も十分吟味しながら、治療方針を決定しています(手術で治療するかそれとも、手術以外の治療を選択するか)。

関節リウマチに対しては、最新の知見や薬剤を早期に導入するように努めております。定期的に血液検査などを行い、副作用の発現の有無を十分にチェックしております。また、関節破壊が顕著な場合には、人工関節(股・膝)置換術を行っています。 骨粗鬆症に対しても、積極的に投薬治療を行っています。骨粗鬆症に伴う骨折は寝たきりの原因になりやすいといわれています。投薬することで、骨粗鬆症を積極的に治療し、骨折の予防、寝たきり人口の減少を目指しています。

最近の手術全般において、手術創のサイズを極力小さくする努力がなされています(内視鏡手術、人工関節手術創のミニマム化)。当科においても不必要に手術創が大きくならないよう、手術創の狭小化に努力しています。(内視鏡下ヘルニア切除、人工関節手術創の狭小化、骨折手術での手術創狭小化など)。しかし、創を小さくするということばかりを追い求めて、安全な手術が出来ないようでは本末転倒ですので、安全を最大限重視したうえで、手術創の狭小化を目指しています。

専門性の非常に高い疾患の場合、高次医療機関への紹介、専門医の招聘なども行っております。

PageTop