病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
患者様相談窓口
医療機関の医療機能に関する情報
理念・基本方針
時間外診療について
調達情報
病院広報誌
ご意見箱
よくあるご質問
診療実績・臨床指標
個人情報保護方針
医療安全管理指針方針
バリアフリー情報
情報公開
看護課
JCHO版病院総合意(HOSPITALIST)育成プログラム

リハビリテーション科(センター)

特掲診療料

 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
 がん患者リハビリテーション料

担当医師

 リハビリテーション全般  兜 正則 院長(日本リハビリテーション医学会認定臨床医) 
 外来担当  野田 暉夫 名誉院長
 回復期リハビリテーション病棟担当  河北 公孝 名誉院長
 脳血管疾患等リハビリテーション担当(脳神経外科)  兜 正則 院長
 中島 毅 部長(センター長)
 運動器リハビリテーション担当(整形外科)  北野 慎治 副院長
 半田 真人 医師
 呼吸器リハビリテーション担当(内科)  小澤 眞二 部長
 坪坂 誠司 院長補佐
 がん患者リハビリテーション  兜 正則 院長
 小澤 眞二 部長
 坪坂 誠司 院長補佐

サービスの提供体制

外来患者様がアクセスしやすい1階フロアに位置し、運動療法室と物理療法室、そして作業療法室と言語療法室の4つのセクションで構成されています。
病院スタッフは理学療法士14名、作業療法士7名、言語聴覚士3名、鍼灸マッサージ師1名の体制で、急性期から回復期を中心にリハビリテーションサービスを提供しています。なお、2階回復期リハビリテーション病棟には専従・専任の理学療法士5名、作業療法士3名を配置していますが、今後、更に充実を図っていく予定です。

主な業務内容

主として脳卒中や骨折による機能障害(麻痺や高次機能障害、筋力低下や関節可動域低下など)や日常生活能力低下に対して、医師の指示の下、できる限り早期からの総合的なアプローチを行っています。そして、近年、増加しつつある慢性閉塞性肺疾患(COPD)などに対する呼吸器リハビリテーションやがん患者様の術前・術後や化学療法におけるリハビリテーションにも取り組んでいます。また、回復した機能が退院後の生活に生かせるよう、病棟での日常生活動作練習や食事練習、退院前の自宅訪問など理学・作業・言語聴覚療法士がチームで対応しています。
入院中の患者様に対しては、必要に応じて土曜日や祝祭日もリハビリを行っています。また、医師・看護師・ソーシャルワーカー等とのリハビリカンファレンスや地域との連携を図ることで、患者様やご家族様にできるだけ負担をかけずに早期の退院・在宅復帰ができるよう日々心掛けています。
更に、在宅生活を支えるために附属訪問看護ステーションから理学療法士による訪問リハビリを行い、入院から在宅まで切れ目のないサービスを提供できるよう体制を整えています。

スタッフ紹介

病棟配属の作業療法士
回復期リハビリ病棟とは、急性期の治療を終えた患者様が、本人・ご家族の希望に沿って少しでも回復できるように積極的なリハビリテーションを実施する病棟です。平成26年10月1日に開設されました。理学療法では、起きる・立つ・移乗・歩行など日常生活動作に沿った身体運動能力の向上を個々の状態に合わせて実施していきます。退院時に笑顔で「ありがとう」と言って頂けるように病棟スタッフ、リハビリスタッフが連携して、頑張っていきます。
言語聴覚士
言葉に関するリハビリと食べることのリハビリを担当しています。患者様の「ご飯が食べたい」「なにか飲みたい」の希望にそえるように、病棟・栄養士・リハビリが団結して食事をすすめています。そして、少しづつ食べられることができて、元気になっていく患者様をみるととても嬉しい気持ちになります。
リハビリは日々勉強であり、時には悩むこともありますが、明日も患者様の元気な姿が見られますよう、頑張っていきたいと思います!

リハビリテーション部の特長

平成13年度より福井県から委託を受け、奥越圏域(勝山市、大野市 人口約6万人)の地域リハビリテーション広域支援センターとして活動しており、地域のリハビリ従事者に対して、研修会の企画・開催や、現場での指導を実践しています。 また平成26年10月からは回復期リハビリテーション病棟を新設しました。今後も、地域の中核病院としてリハビリテーションの発展に寄与していければと考えています。
PageTop